服装の落とし穴を知る

結婚式などのお祝い行事では、おしゃれをして出席することも礼儀のひとつです。あくまで主役は新郎新婦ですが、カジュアルすぎる服装はかえってマナー違反になることもあるので、適度なドレスアップやヘアセットは欠かせないのです。女性なら衣装はできるだけ白色を避けて、髪型もロングヘアならアップスタイルにすると華やかかつ清楚に見えます。男性の場合は、スーツやジャケットスタイルがデフォ。ですがノーネクタイならシャツのボタンをあけすぎないなど注意が必要です。

素敵な身のこなしを知る

結婚式では、立つ・座る・歩くなどの何気ない動作も、ほんの少しの心がけで美しくスマートに振舞うことができます。立っているときは出来るだけ背筋を曲げないように意識を上に向け、座るときは背中と背もたれの間にこぶしひとつ分の隙間を開ける、歩くときはかかとからつま先にかけて着地するように歩く、これだけでエレガントな印象になります。また、乾杯などでシャンパングラスやワイングラスを持つときは、グラスの脚の下のほうを持ち、もう片方の手を添えるとより綺麗に見えます。

お食事のマナーを知る

お食事のマナーの中でも、ナプキンの使い方は知らない人が多いですね。基本的には乾杯が終わってからナプキンを手に取ります。膝におくときは、ナプキンを二つ折りにして折り目がお腹側に来るようにおきます。食事中に席を立つときは、たたんでイスの上、もしくは背もたれの部分にかけておきます。お食事が終わって退席するときは、軽くたたんでテーブルの上におきます。綺麗にたたむと「料理やサービスが不満でした」という意味になるので、遠慮なく使って使用済みだとわかるように戻しておくことがポイントです。

神戸は山と海の両方が楽しめる街です。木々の自然に囲まれた異人館や潮の香りに包まれた船上なども結婚式場に早変わり。素敵なチャペルもあります。神戸ならではの環境がある。それが神戸の結婚式場です